パスポートは結婚したら作り直しか変更どっちが得?必要書類と申請にかかる金額や日数ご案内。

結婚前に作ったパスポート・・
そのまま使い続けるわけにはいきません。
名前の変更が必要ですよね!


でもまだ有効期限もかなり残ってる!って方もいるかと思います。

私は10年のものを持っていたので、まだ有効期限も残っていたんですよ!
そんな場合どうしたらいいのか?

  • 名前も変わったし本籍だって変わったし新規で作り直すべきかな~
  • 必要な書類はなんだろう??
  • 金額はどのくらいかかるだろう?


今回は、実際に私も行った「結婚を機に名前や本籍地が変わった場合のパスポートの申請方法」をまとめました^^
スポンサードリンク
  

パスポートは結婚したら作り直し?!

パスポートは5年・10年と有効期限が選べます。
私は10年のものを独身時代に作成し、その期限がまだ残っている状態でした。

新規で作るのもったいなくなーい?!
というのが本音。

そんなにしょっちゅう海外に行くわけでもないですし・・^^;

申請費用もなかなかですしね(笑)

で、調べてみた(パスポートセンターに聞いてみた)ところ。


結婚したからといって新規にする必要はない!


結婚して姓や住所が変更した場合の申請方法は以下の2択↓

  • 新規で10年か5年のパスポートを申請する
  • 記載事項変更旅券を申請する
です。

新規で申請する以外にも、記載事項変更旅券というものがあるんですね~!

どちらにするかは、現在持っているパスポートの残りの有効期間でどちらにするか決めるといいと思います^^


【記載事項変更旅券とは・・】
現在のパスポートの有効期間満了日と同一の新しいパスポート
です。

これを申請すれば新規発行より安い手数料で、有効期間満了日まで使用することが可能です。


新規申請費用と記載事項変更旅券の金額の違いについて

新規申請10年パスポート:16000円
新規申請5年パスポート :11000円
記載事項変更旅券    :6000円
となります。

有効期間がまだ結構残っている!という場合は、記載事項変更旅券。
もうすぐ有効期限が切れるわ~って場合は、新しく10年か5年かを選ぶといいと思いますよ^^


ちなみに私は、まだ有効期限が残っている状態だったので、迷わず「記載事項変更旅券」を選びました!

ここから先は、私も申請した「記載事項変更旅券」の申請方法について詳しくお伝えしていきますね~

パスポートを結婚後に変更したい!記載事項変更旅券を発行するために必要なもの

記載事項変更旅券を申請するために必要な書類

  • 一般旅券発給申請書(記載事項変更用) 1通
  • 戸籍謄本又は抄本 1通
  • 写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル)1枚 
  • 有効旅券(現在有効なパスポート)
この4点です。

外務省(パスポート申請、「氏名や本籍等の変更」をもとに作成しています。)

一般旅券発給申請書(記載事項変更用)

パスポートセンターにありますので、その場で記入する形になります。


申請書が置いてある場所もスタッフの方に「結婚して名前が変わったのですが・・」という具合に尋ねると、丁寧に対応してくれます^^

戸籍謄本又は抄本

 
自分一人だけの場合、戸籍抄本1通でOKです。

しかし、自分だけでなく家族も一緒にパスポートの申請をする場合戸籍謄本1通で家族全員分申請することができます

スポンサードリンク

ですので、そのような場合は戸籍謄本を用意するといいです!

ちなみに謄本も抄本も値段は同じです。

私の場合は旦那が有効期限切れで新規申請。
子供の分も新規で作成。
という訳で、計3人分の申請を一気に行ったので、戸籍謄本1通を用意しましたよ^^

申請時は家族全員で行く必要はないです。
コチラに代理申請の仕方を詳しくまとめましたので、該当する方はぜひこちらもどうぞ~

写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル)

スピード写真などで自分で撮影する場合は次のことに注意して撮影してください。

  • 口は閉じ、歯は見せないこと。
  • 帽子などをかぶらないこと。
  • 眼鏡をかけている方は、レンズに光が反射していないこと。
  • ヘアバンドなどで頭髪を覆わない。
  • 前髪などにより、目などが隠れていないこと。

女性だと前髪が長い方も多いはず!

出来できれば耳にかけるなどして顔にかからないように注意してください。
詳しくは、こちらの外務省公式ページに載っていますので、参考にしてくださいね^^


写真は6か月以内に撮影したものを使用してください。

有効旅券

現在有効なパスポートを必ず持参してください。

その場で確認され、失効処理されます。
(パスポートに穴を開けられ、使えないようになります。)

記載事項変更旅券の申請にかかる金額と日数はどのくらい?

金額

収入証紙・・2,000円

収入印紙・・4,000円

で、合計6,000円になります。

一般申請に比べると安いですね^^

日数

一般申請と同様1~2週間で出来ます。

出発予定日ギリギリにならないよう早めに申請に行きましょう!


新婚旅行などで、結婚式後すぐ海外へ!なんて場合もありますよね。

しかーーし!

名前変更しないままのパスポートを使うのは非常に危険です!!
リスク大!

海外で何かあったら本当に怖いですからね・・
なので、海外旅行の予定が入っているのであれば事前にパスポート申請はしておいてくださいね!


受け取り出来るのは本人のみですので注意しましょう!

パスポートは結婚したら作り直しか変更どっちが得?必要書類と申請にかかる金額や日数ご案内。まとめ

パスポートの有効期限が間近なのであれば、新規で10年か5年のものを作り直してしまいましょう!

まだ有効期限が残ってるんだけどー!って場合は「記載事項変更旅券」がお得ですね。


結婚後、何かとばたばたしてパスポート申請までしていないことが多いかと思います。

実際私も、旅行が決定してから変更手続きを行いました(^^;

日本国内での身分証明は免許証で充分ですし。


しかし、海外ではそうはいきません!

パスポートが自分の身分を証明してくれる大事なものとなりますので、出発前にはしっかりと変更手続きをしておきましょう!
発行までは1~2週間かかります。
余裕を持って申請に行ってくださいね。


素敵な海外旅行を楽しんできて下さい♪

スポンサードリンク
関連記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする