子連れでハワイのダイヤモンドヘッドに登る!持ち物は?服装は?

ハワイオアフ島と言えば「ダイヤモンドヘッド」!!

ハワイに行くなら眺めるだけじゃ~もったいない!
どうせなら登ってみたいと思いますよね^^

今回、1歳8か月の子供と一緒にダイヤモンドヘッドの頂上まで行った時の話を混ぜながらお伝えします。

スポンサードリンク
  

子連れでダイヤモンドヘッドに登ってみて思ったこと

今回、私たちはツアーを利用して登りました。
「ダイヤモンドヘッド日の出ツアー+ファーマーズマーケット」

日の出ということだけあって、集合時間は5:15(゚Д゚;)
子供も寝ながら着替えさせるという状態(笑)

子供はもちろん抱っこ紐(ベビーカーは無理です)、担当は主人です!!
私は、その他荷物を担当していざ出発(^^)/


ワイキキ地区をツアーバスに乗って出発し、約30分程でダイヤモンドヘッド駐車場へ到着。
子供はバスの中では元気(笑)


早速登山開始です!
特にガイドさんはいないため、個々に頂上へ向けてひたすら歩いていきます。

子供は抱っこではなく、おんぶで登りました。
img_3948
頂上までは30~40分。(ゆっくり登っても1時間ほどで着けるはずです。)

私たちが参加したのは日の出ツアーというだけあって、みんな日の出が見たいわけです!

なので、登るスピードも速いんですよ(゚Д゚;)
そんなに道幅も広くないため一列になって登っていく形になります。

ということは・・自分が遅いと後ろが詰まる!ということですよね|д゚)
もちろん抜かしていくことも可能ですが、頂上に近づくほど狭くなって行き、下山の人とすれ違うので精一杯です。

なので、私は前の人についていくのが必死!(笑)
周りを見ている余裕はありませんでした(゚Д゚;)


最後の極め付け階段です!!

足がすでにパンパンなうえ、この階段でしかも後ろからはどんどん人来るし!|д゚)
引き返せないし登りましたよ。
手すりに助けてもらいながら(笑)

ただ、手すりはさびていて汚いので注意してくださいね!
あんまり握ると汚れます。


我が子はというものの・・
おんぶするとすぐ寝てしまうんですね。
なので、登り始めてすぐに眠ってしまいました^^


やっとこさ階段を登り、頂上まであとわずか!
そして、日の出に間に合いました(*‘∀‘)

やっぱり感動します!
頑張って登った甲斐がありました。
img_3959

頂上は日の出を見たい方で、ぎゅうぎゅう。
頂上のイスや一番のロケーションを取りたい方は、ツアーではなく個人的にもっと早い時間から登らないと無理ですね^^;


頂上でも我が子は爆睡・・ZZZ
朝早いし当然ですよね!
逆に起きて騒がれてしまうよりかはゆっくり日の出も眺めることが出来、よかったかなと思っています^^


今回のツアーで感じたのは、子どもも一緒に歩くのは無理です!
あの列の流れにはついていけません。

もし小さい子供も一緒に歩かせたいのであれば、日の出の時刻は避けましょう!

平日の午後などは空いているそうです^^
16:30が最終入場ですので、それまでに入場するように気を付ければいつでも登れます。


帰りは、登ってくる方とのすれ違いでまたも大変でしたが、行き程つらく感じませんでした!
きっと目標達成できたので、気持ちにも余裕がうまれたのでしょうか。


一度は登ってみたい「ダイヤモンドヘッド」
以外にも1時間もかからずに登れてしまうんですよね!

普段運動不足な私ですが、何とか登り切れましたし^^

もう一度登るとしたら、子どもがしっかりと起きていて元気な時間帯にリベンジしたいな!と思います♪

スポンサードリンク

ダイヤモンドヘッドでの服装は?

私が今回参加した時期は11月です。
そして、朝早かったというのもありバスから降りた時はかなり寒く感じました。

と言っても、半そでにパーカーを羽織る程度です。

私の服装

  • 半そで
  • パーカー
  • 短パン
  • レギンス
  • 靴下
  • スニーカー

主人の服装

  • 半そで
  • ジーパン
  • 靴下
  • スニーカー

子供の服装

  • 半そで
  • 薄手の羽織物
  • ズボン
  • 靴下
  • スニーカー

です。

登り始めるとすぐに暑くなってしまい、私は結局パーカーは腰に巻き登りました。
11月という時期でも、寒かったのは最初だけですね。


主人は最初から子供を背負っていたのもあり、半そででも十分暑そうでした(笑)
とにかく汗をかきます!

パパの汗で子供がぐっちょり!なんてことも(゚Д゚;)
なので、子どもとの間にタオルを挟んでおくことをオススメします!

サンダルで登っている方は見かけませんでしたが、短パンの方はたくさんいましたよ^^

地面はこのような感じに加え、階段が多いのでスニーカーが安全かと思います!
img_3971

子連れでダイヤモンドヘッドに登る時の持ち物は?

子供用

・着替え
・軽食(パンやお菓子などつまめるもの)
・飲み物(水筒)
・タオル
・虫よけパッチ

虫よけパッチはこんなものです^^

子供用品店などにも売っていますので、買い物ついでに購入しておくと旅行中使えますよ♪


今回、朝が早かったため途中おなかが減るかな?と、前日にパンを購入しておきました。

登りながらは無理ですが、移動中のバスや、下山した後などにもサッと食べさせられるのでいいですよ!


朝早くなくても、登山はおなかが減りますよね。
軽く食べれるものがあると安心です。

虫がいたかどうかは分からなかったですが、一応虫よけパッチを貼り付けて登りました。

子供が歩いてこけてしまって汚れた場合などのために、着替えもあるといいですね^^

大人用

・タオル
・飲み物
・貴重品
・カメラ類(デジカメやビデオカメラなど)

往復でも1時間半程の距離ですので、そんなに荷物は必要ありません。
身軽で行った方がよっぽどいいです^^

飲み物も500mlが1本あれば十分でした。(季節によって変わるかもしれません。)

登山中はあまり飲まなかったですが、その後のファーマーズマーケットでの食事で飲み物あって良かったです♪
主に屋台なので。(飲み物ももちろん売っていますが)


子連れの場合、極力自分たちの荷物は減らしたいですよね。
最低限、貴重品はお忘れなく!!
他は忘れたとしても、何とかなりますよ(笑)

まとめ

せっかくハワイへ来たなら登ってみたいダイヤモンドヘッド!
子連れでも充分登れる距離の山です。

11月という時期でも、山登りの最中は半そでで充分でした^^
ただ、地面はゴツゴツしていたり階段が多いですので、スニーカーが安全かと思います!

持ち物は極力少なくして、挑みましょう!!

スポンサードリンク
主婦の育児奮闘記配信中!
気軽に登録してくださいね♪ えりんこメルマガ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする