【清澄白河】東京都現代美術館で展示を観た後は、隣の木場公園でのピクニックランチがおすすめ!ランチのテイクアウト情報も☆

お出かけ

この前の土曜、東京都現代美術館に家族で行き、開催中の「マーク・マンダース—マーク・マンダースの不在」を観に行きました。天気も良かったので、美術館の後は急遽、隣にある木場公園で遊びがてらピクニックをしました。ピクニック用にお弁当を用意していなかったので、周辺にあるごはん屋さんでお昼ごはんを調達し、美味しくいただきました。

スポンサーリンク

東京都現代美術館について

東京都現代美術館は、東京都江東区の清澄白河駅から徒歩5分ほどの場所に位置している東京都が運営している美術館です。展示される作品は、その名の通り現代美術寄りです。現代美術が好きな方にはおすすめのスポットとなっています。東京都が運営しているからか、特に子供の入場制限は行われていません。今までもなかったと記憶しています。あまりに過激な展示の場合は、子供の制限も入るかもしれませんね。

もし、現代美術より近代美術が好きな方は、九段下、竹橋にある東京国立近代美術館に行くと良いですよ。

展示について

東京都現代美術館では、先日まで開催されていた「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」が、SNSを中心に大きく話題となりました。本当は石岡瑛子展も見に行く予定だったのですが、朝10時に行ったら、コロナ禍にもかかわらず、美術館の外のオープンスペースまで大行列になっていましたので、結局行けなかった悲しい過去があります。

2021年3月から開催中の展示「マーク・マンダース—マーク・マンダースの不在」

2021年3月20日から東京都現代美術館では「マーク・マンダース—マーク・マンダースの不在」という展示が開催されています。ちょうど招待券を持っていたことと、マーク・マンダースの日本初の展示なので、早く観たい気持ちを抑えきれずの来訪です。事前に東京都現代美術館のWEBサイトで見た、崩れかけの巨大な人の顔のオブジェが、ゼルダの伝説好きの私の心に火をつけましたねw

写真撮影について、作品によっては写真撮影OKでした。たしか、最初と最後前の2箇所だけ撮影禁止エリアであったと記憶しています。どういう切り分けか分かりませんが、大きい作品は撮影OK、小さい作品は写真撮影NGという感じでした。小さい作品は回収して、別の展示でも使えるから、ということなんですかねえ。

今回のマーク・マンダースは、巨大な彫刻を中心とした展示でした。国内初の展示なので、いつもがどんな感じなのかは分かりませんが…w とにかくその圧倒的な大きさと規模に反する繊密な作り込みに感動しました。

巨大な彫刻もまるで数百年前からあるような、リアルなひび割れが入っていたり、一部が崩れていたりと、その作り込みの凄さが伺えると思います。しかし、作品群を実際に見ると、質感の艶めかしさにも驚かせます。そのギャップが、これら作品の妙味なのだと感じました。

普段美術作品を観て「あーそういうことね理解した」となることはほとんどないのですが、今回もそういうなることはありませんでしたw ただシンプルにマーク・マンダースの作品群の凄みを感じることができました。また、「マーク・マンダース—マーク・マンダースの不在」では、巨大な彫刻作品だけでなく、ガラスケースに入ったより繊細な作品も見ることができました。これらは写真撮影禁止だったと思います。あとは今回1フロアすべてで1作品というだけあって、隠し作品みたいなものも数個あり、子供にとっても作品を発見する楽しさもありました。

東京都現代美術館の混雑情報

「マーク・マンダース—マーク・マンダースの不在」は、私達家族が訪れた2021年3月27日では、あまり混雑はありませんでした。招待券1枚持っていたのですが、もう1枚のチケットが必要でしたが、チケット購入も美術館内で並び無しで購入することができました。展示フロアに入るのにも並びは一切ありませんでした。展示フロアにも混雑を感じることはありませんでした。非常にスムーズに好きなだけ作品を鑑賞できてめちゃくちゃ良かったです!

「マーク・マンダース—マーク・マンダースの不在」は、東京都現代美術館で2021年6月20日まで開催されています。先日の石岡瑛子の展示の時もそうでしたが、東京都現代美術館は、展示の終わりが近づくに連れ、異様な混雑になります。時間があるなら、なるべく早めに展示を見に行くをおすすめします。混雑してくるとゆっくり作品を見れなくなってしまうので、早めに行くことが吉です。

東京都現代美術館のチケット料金について

見に行った「マーク・マンダース—マーク・マンダースの不在」は、

  • 大人:1500円
  • 小学生以下:無料
  • でした。地味に小学生以下無料は家族連れにとっては嬉しいですよね!

    東京都現代美術館のレストランやショップについて

    館内には展示スペースとは別に、ショップ、レストラン、カフェ、それに図書館があります。これらはチケットがなくても利用することができます。ありがたいですね!

    ショップ:NADiff contemporary

    ショップは美術館内1FにあるNADiff contemporaryというお店で、展示作品に絡めた商品も販売されています。カタログ系の本や、Tシャツなどです。おしゃれな雑貨も売っていますので、展示を観終わった後に是非立ち寄ってみてください。私もお店に売っていたビーカー型のコップをひとつ購入しました。すごいかわいいんですよ!また、ショップを抜けると開放的な中庭に通じています。空を見ながらゆっくりとした時間が過ごせます。春や秋におすすめのスポットです。

    レストラン:100本のスプーン

    レストランは地下1Fにある「100本のスプーン」というお店です。1度行ったことがあるのですが、内装もおしゃれで家族連れだけでなくデートにももってこいだと思います。価格帯は、ランチコースで、大人2,500円、子供1,700円程度です。家族連れにも優しい作りになっていて、広くて席数の多いテーブルがいくつもあります。おしゃれなファミレス風のテーブルが珍しく目を引きました。また、以前に行ったときは、レストラン内にもアート作品が展示されていて食事しながら特別な気分を味合うことができました。子供に優しいレストランなので、子供が参加できるアートスペースもあり、子どもたちも楽しそうにはしゃいでいました。そういえば、メニューも塗り絵ができる仕様になっていて小さい子供にも優しいありがたいレストランです。もちろん、料理も美味しかったですよ!ランチにしては少し値は張りましたが、満足できました。デートにももってこいと書きましたが、静かなデートが良いカップルには向かないと思いますw それだけはご注意を!

    カフェ:二階のサンドイッチ

    カフェは2Fにあるその名も「二階のサンドイッチ」です。美味しいサンドイッチやドリンクが頂けます。2階のお店から中庭に降りることができて、そこで食べるのも楽しそうでした。今はソフトクリームもあるようでした。

    図書室:美術図書室

    図書室は美術専門の図書室で、こちらは地下1Fにあります。1回だけ行ったことありますが、珍しい書籍が多いからかそこそこ人がいた記憶があります。大人向けの美術専門書だけでなく、子供向けの美術書を集めた「こどもとしょしつ」というスペースもあるようです。

    美術鑑賞の後は隣の木場公園でピクニックランチがおすすめ

    スポンサーリンク

    さて、午前中に東京都現代美術館で展示を見終わったらランチを食べたいですよね。清澄白河という街は、お洒落で美味しいごはん屋さんがいくつもあります。しかし、土日休日となれば、どこのごはん屋さんも多くのお客さんが集まり、行列をなしていることも珍しくありません。家族、カップルで長い時間並んでまでランチを食べるというのも難しいですよね。小さいお子さんだと、待っているのも難しいですよね。

    そこでおすすめしたいのは、東京都現代美術館の隣接する大きな公園「木場公園」でのピクニックランチです。お弁当を作っていくのも良いですが、午前から美術館に行くなら、美術館の近くのごはん屋さんでテイクアウトして木場公園で食べるのがおすすめです。近くのごはん屋さんは、そのほとんどがテイクアウトに対応しています。このご時世、嫌なことばかりではないですね。改善されたこともあるなあと思うところもありますね!ありがたいかぎりです。

    東京都現代美術館、木場公園周辺のおすすめテイクアウトランチ

    それではランチ時にテイクアウトができるおすすめのごはん屋さんを紹介していきます。

    山越

    清澄白河のタワマン1Fに昔からあるお肉屋さんです。お肉屋さんですが、いろいろなお弁当を販売しています。お肉屋さんなだけあって、お弁当のお肉が本当に美味しいです。私のおすすめは「ミックス弁当」です。とんかつと焼き肉のミックス弁当です。シウマイも入っています。どのお肉料理もジューシーで美味しいですよ。しかも値段が安い!ミックス弁当で600円くらいです。しかも普通にボリュームもありますからね。お店にイートインスペースはありませんのでそこだけご注意ください。タワマンや近隣の住人がいつもお世話になっています。先に電話で注文してから行くとスムーズです。日曜が休みだったと思います。

    店名:山越
    住所:東京都江東区白河4-3-1 イーストコモンズ清澄白河セントラルタワー 106
    営業時間:11:00~14:00、15:30~19:00
    定休日:日曜、祝日

    七福

    清澄白河の交差点に昔からある定食屋さんです。とんかつ定食並を頼むことが多いのですが、とんかつはとにかく美味しく、ボリュームがすごいです。白米も含めてw なのでお子さんと分けて食べても全然だいじょうぶです。ひとりで、とんかつ定食並をテイクアウトして食べたことがありますが、まあ、午後は胃が重たかったですw 美味しいので良いのですが。こちらもお昼時は割と混雑していて、店内での食事は難しいと思いますので、ぜひテイクアウトして木場公園で食べてみてください。お客さんが多いと営業時間より少し前に終わることもあるので注意してください。

    店名:七福
    住所:東京都江東区白河3-9-13
    営業時間:11:00~14:00(L.O.13:30) 、17:00~21:00(L.O.20:45)
    定休日:水曜・第1日曜

    Diner Vàng (ダイナーヴァン)

    清澄白河にここ最近できたおしゃれなベトナム料理やさんです。よくバインミーをテイクアウトして木場公園で食べていたので、店名がバインミーだと思っていましたw バインミーというベトナムのサンドイッチ?タコス?のような食べ物が人気です。テイクアウトもしやすく、購入しやすい価格なので、ぜひテイクアウトして木場公園で食べてみてください。すごく美味しいですよ!バインミー以外にも、ご飯物もあります。ありますが、お店の中でしか食べたことがないので、テイクアウトできるかは分かりません。たぶんできると思います。前食べたベトナムのおこわが美味しかったです!もし店内で食べようと思っている方、割と混んでいるので時間をずらすと良いかもしれません。こちらもお客さんが多いと、商品が売り切れになったりするので要注意です。

    店名:Diner Vàng (ダイナーヴァン)
    住所:東京都江東区三好3-10-3
    営業時間:11:00~14:00、17:00~22:00(火曜はランチのみの営業)
    定休日:月曜日

    ナンディニ

    東京都現代美術館から徒歩3分ほど、美術館前の大通り沿いのカレー屋さんです。南インド料理がメインです。ナンだけでなく珍しいポロッタも選べます。とにかく本格的で美味しいです。いつも店内にはお客さんが多く、ubereatsの人もよく外で受け取りを待っています。ぜひ一度テイクアウトして公園で食べてみてください。

    店名:ナンディニ 清澄白河店
    住所:東京都江東区三好3-11-8 三好3丁目ビル 1F
    営業時間:[月~金]11:00~14:30 [土・日・祝]11:00~15:00 | 17:30~22:30(L.O.22:00)
    定休日:無休

    もし上記テイクアウトご飯にありつけなかったら…

    もしこれらのお店がやっていなかったり、売り切れてしまったら、近くにほっともっともあるので最悪大丈夫です。木場公園自体かなり完成された気持ちよさのある公園なので、何食べても美味しいですよ!この前美術館行った時、これに陥りましたw 春になって東京都現代美術館や清澄白河自体に人が多くなってきたので、まあ起こりえますね。

    木場公園内でピクニックできる場所

    さて、木場公園内のどこでテイクアウト、お弁当でピクニックができるか知っておきたいですよね。大きく分けて2つのポイントがあります。

    多目的広場(東京都現代美術館の隣の広場の周り)

    まず東京都現代美術館から一番近い、「多目的広場」でのピクニックです。多目的広場自体はグラウンドになっていて、バスケットボールゴールもあり、多くの子供や大人が球技をして遊んでいたりします。ピクニックにおすすめなのは、多目的広場を囲っている木が生えている場所、そこに設置されたテーブルです。レジャーシートやテントいらずなのが嬉しいですよね!木でできたテーブルと椅子が屋外にあります。木の下にあるからか、屋外なのに謎にテーブルも椅子もキレイに保たれています。これはかなり嬉しいポイントです。

    テーブルの数は多くはありません。記憶では多目的広場の周りには8個くらいのテーブルがあったと思います。なので、土日など休日のお昼時には人気で埋まっていることもあります。ご注意ください。

    あとは、多目的広場のすぐ北に「北の冒険広場」というアスレチック場所があります。そこにもテーブルが3個ほどあります。

    それでも混雑して、座れない!という場合には、レジャーシートを持って次におすすめする場所へ行ってみてください。

    ふれあい広場(木場公園内の橋を渡るとある大きな広場)

    美術館を背にして公園内を歩くと、大きな橋が現れます。その橋の先に「ふれあい広場」という多目的広場よりも大きな広場があります。美術館から徒歩5分くらいですかね。少し歩きますが、公園内が気持ちの良い景観なので、歩いて散歩するだけでも楽しいですよ!こちらはグラウンドではなく芝生になっていますので、レジャーシートを敷いてのピクニックがおすすめです。近くに住んでいる家族や、車で来ている家族はテントを持ってきて設営していることも多いです。

    木場公園のふれあい広場の混雑状況はこちらのライブカメラでチェックできますよ!暖かい土日祝日は混みます。

    お花見について

    また、今の季節桜が大変キレイです。一番良いスポットはBBQの場所です。いつもならBBQが行われている場所なのですが、この時代自粛の兼ね合いでBBQ自体は行うことができません。そのため、通常はBBQしないと入りにくい場所で桜を見ることができるのです。このBBQの場所が一番桜の木が多く、キレイですよ。むしろ落ち着いた後も、桜の季節はBBQ禁止にしてほしいくらいです…w

    しかし、他公園と同じく、2021年現在はレジャーシートやテントを設置してのお花見は自粛してくださいと区からお願いが貼ってありました。歩きながら桜を見るのも今しかないかもしれませんので、ルールを守ってお花見しましょう!

    最後に

    東京都現代美術館に行った際は、ぜひ周辺のごはん屋さんでテイクアウトして木場公園でのピクニックランチを試してみてください。
    春秋は本当に気持ちが良いですよ!もし近くに住んでいて在宅ワークの人は、平日もやると午後もリフレッシュして仕事ができますよ!

    スポンサーリンク

    コメント