東京ストロベリーパークの料金と営業時間!駐車場や混雑情報についてご紹介!

冬はイチゴのおいしい季節ですね^^
真っ赤で見た目もかわいく、甘酸っぱくて、いくらでも食べてしまいますよね♪

イチゴ狩りで調べていると
「東京ストロベリーパーク」
という施設があることが分かりました!!

なんだこれは!?とても気になる!!
早速調べてみましたよ~~!!!

これから行く方は
ぜひ参考にしてくださいね^^

スポンサードリンク
  

東京ストロベリーパークの料金と営業時間は?

東京ストロベリーパークは今年の4月にオープンしたばかりの施設

東京とありますが実は横浜にあります(笑)

365日いつでもイチゴ狩りができるそうです!!!!
素晴らしいですね・・・❤

営業時間
平日11:00~16:00
土日祝10:00~18:00
定休日は 水曜日
平日の営業時間が少し短めなので注意です!!


選べるコースは2つ!

・イチゴ狩り食べ放題コース → 30分食べ放題
・イチゴ狩り持ち帰りコース → 30分摘み放題

料金は季節によって変わります。

【1~6月】
大人 2000円・小学生以下 1500円・3歳以下 無料

【7~12月】
大人 2980円・小学生以下 2480円・3歳以下 無料


※持ち帰り用カップ(約300g)は別売りで
【1~6月】
800円

【7~12月】
1400円

※この持ち帰り用カップは「イチゴ狩り持ち帰りコース」を選択する場合に買います。
ハウス内では食べられません。

食べ放題コースを選択した場合はカップの購入は必要ありません。
心ゆくまで食べまくりましょう!!!^^❤


お店で買ってもなかなかお値段のするイチゴ・・・
やはりシーズンオフだと料金もだいぶ高くなりますね・・・
ここはシーズン中の平日を狙うのがいいかも!

スポンサードリンク

東京ストロベリーパークでの駐車場情報!

都心に近いとはいえ、子連れだし車で行きたい!という方も多いはず。

この施設の駐車場は一般用と団体バス用に分かれています。
さらに、団体バス用の敷地には体の不自由な方を乗せた車が止められるスペースもあるようなので安心ですね^^

施設に近い方が団体バス・体の不自由な方が乗る車用のP2
施設と道路を挟んで向かい側なのが一般用のP1です。

【生麦(鶴見駅)方面から】
東電の火力発電前の信号を右折
→突き当りをまた右折
→道なりに
→信号を左折
→2つ目の信号の約20m手前の左側に駐車場があります。

【大黒大橋方面から】
東電の火力発電前の
次の次の信号の約30m手前を左折(次の次ですよ!)

P1の目印は「味の素の工場」です。

出来たてほやほやのこの施設、やはりたくさんの人が殺到しているんではないでしょうか!?(汗)

東京ストロベリーパークの混雑情報!

実はここ、すでに予約が1か月待ち!!(やっぱり・・・)

入場のためには予約が必須です!

イチゴ狩りだけでなく
レストラン(ビュッフェ)の利用と土日のみですがキッチンスタジオの利用も予約制です。

それぞれ人数制限があるので仕方がありません・・・
でも、予約さえ取れれば、施設内での混雑はそれほどなく、むしろ快適に過ごすことができると思います!

気になる予約方法についてはコチラの記事をどうぞ!!

まとめ

今回初めて東京ストロベリーパークを知り、いろいろ調べましたが、HPがかわいい!!!
HPから女子の「好き」が詰まっています♪

もちろん施設もかわいい祭!!!(笑)
見ているだけで幸せになれました・・・

私は遠方に住んでいるので、なかなか行く機会はないかもしれませんが
今後はここが東京旅行のメインイベントになるかもしれませんね!!

是非皆さん行ってみてください!!!^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする