年賀状を結婚式前に上司に送る際の例文と一言添え!写真はNG?

入籍は済んでいるけど、結婚式はまだ先で年をまたぐ場合、上司への年賀状の文面はどうしたらいい??と悩む人は多いかと思います。

ここでは、上司に送る年賀状の文例と一言添えをご紹介します。
文面で悩んでいる人は、参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク

結婚式前に上司に送る年賀状の文例と一言添えをご紹介!

上司に送る年賀状で入籍の報告をする場合

謹賀新年
昨年中のご厚情を賜りまして、深く御礼申し上げます。
◯月◯日の結婚式に先立ちまして、一足早く私たちは昨年◯月に入籍いたしました。
まだまだ未熟な私たちではありますが、変わらぬご指導ご鞭撻のほど
よろしくお願いいたします。
本年も、何卒よろしくお願いいたします。


そして、結婚式へ出席していただく上司へは、一言を添えましょう。

  • お忙しいこととは存じますが、私たちの結婚式のため、ご足労いただくこと感謝申し上げます。

など、出席していただくことへの感謝になるような文面が良いかと思います。

年賀状の写真入りは上司にはNG?正しいマナーは?

友人などであれば、写真入りの年賀状でも抵抗ありませんが、上司となると、少し悩みますよね。


上司へは写真入りのものは避けるべき。という考え方から、最近では少し変わってきているようで写真入りの年賀状を上司に送ることに関して、賛否両論です。

職場の雰囲気にもよるので、昨年の年賀状を見返して、写真入りのものが多いかどうかも判断材料の1つになります。


悩むのであれば、上司への年賀状は、写真入りのものよりは、シンプルなものの方が無難かな。と思います。

スポンサードリンク

写真入りのものにする場合、マナーとしては写真は1枚にしておきましょう!


上司への年賀状のマナーとしては、新春の挨拶を【迎春】や【賀正】のような2文字のものにするのは失礼にあたります。

なので、上司への新春の挨拶の言葉は
・謹賀新年
・恭賀新年
・謹んで新春のお喜びを申し上げます。
などが良いですね。


また、年賀状の文面に去年のように【去る】という言葉など、マイナスイメージがある漢字を使うこともマナー違反になりますので気をつけるようにしましょう。

年賀状を結婚式前に上司に送る際の例文と一言添え!写真はNG?まとめ

結婚式前の年賀状の場合、入籍についての報告、結婚式に出席していただくことへのお願いと感謝の言葉を添えて出しましょう。

また、上司への年賀状のときに、新春の挨拶を【迎春】など2文字のものにするのはマナー違反ですので、必ず、恭賀新年や謹賀新年など、2文字の言葉は避けましょう。


ここで紹介したのは、一例にすぎませんので、これを参考に自分なりの文面にしてもいいですね。

絶対にこれでなくてはならない!!というものはありません。
だからこそ、どういう文面が良いのか悩んでしまうんですが。笑


上司に年賀状を出す際には、失礼にあたらないよう、マナー違反にならないように!!
これが大切です。

両親や友人への文例はコチラです^^
ぜひ一緒にチェックしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする