結婚式前の年賀状の文例は?両親や親戚・友人への一言添えもご紹介!

いつもの年賀状であれば、そこまで悩むこともありませんが、結婚式前の文面はどうしたらいいか、また、どんな一言を添えたらいいか悩んでしまいますよね。

どんな文面にしたらいいのかわからない!!と悩んでいる人のために、今回は具体的な文例を両親・親戚、友人に分けてご紹介します。

スポンサードリンク

結婚式前の年賀状の両親・親戚への例文と一言添え!

まずは、両親や親戚への文例をご紹介します。
両親や親戚にとっては、義理であっても家族同然です。

これから先も長い付き合いになるので、失礼のないようにしましょう。

具体的な文例としては

謹賀新年
昨年は大変お世話になり、ありがとうございます。
昨年◯月◯日に、私たちは入籍いたしまして、
2人で初めての新年を迎える事となりました。
まだまだ未熟で至らない2人ではありますが、
ご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
本年もよろしくお願いいたします。

この時に注意したいのは、昨年のところは、昨年か旧年という言葉にしましょう。
間違っても、去年という言葉は使っていけません。


【去る】という漢字が入るため、去年という言葉は、新年の挨拶に使うには適していません。
マナー違反になってしまうので、昨年か旧年という言葉にするようにします。

また、一言を添えるのに、どんな言葉を添えたらいいかも悩むところですが、お祝いをいただいている両親や親戚には、お祝いへのお礼の言葉を添えるといいですよ。


スポンサードリンク
  • 昨年は、結婚に際しましてお祝いをいただき、ありがとうございました。
  • 寒さ厳しい日が続いております。どうかお身体をご自愛ください。

と、自筆で、一言お礼を添えましょう。
やっぱり手書きというのは嬉しいものですよね^^

寒い時期でもあるので、体調を気遣う言葉もいいかと思います!

結婚式前の年賀状の友人への例文と一言添え!

友人への年賀状の場合も、新年の挨拶の部分は両親・親戚への挨拶と同じ文面で大丈夫です。

友人への年賀状は、両親・親戚への年賀状と文面を変えたいのであれば

謹賀新年
昨年は、大変お世話になりました。
私たちは結婚式より一足早く、昨年◯月に入籍しました。

まだまだ未熟な2人ですが、これからも変わらぬご指導を
賜りますよう申し上げます。
本年もよろしくお願いいたします。

というのはいかがでしょうか^^


一言添える場合、結婚式に招待している友人に対しては

  • ◯月◯日、結婚式で会えるのを楽しみにしています。
と、結婚式の日にちを入れてもいいですね!

結婚式に招待していない友人に対しては
◯月に挙式をする予定です。
と、具体的な日にちは入れず◯月に結婚式をするということだけ添えればいいです。

まとめ

両親や親戚、友人に送る年賀状の文面は、どうしたらいいか悩むものです。
というのも、これ!!というような決まった文面がないからです。

今回、ここで紹介させていただいた文面も、ほんの一例です。
文面に悩んでいるという人は、参考にしてみて下さい。

上司への文例はコチラにありますので、ぜひチェックしてくださいね^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする