入園式にサブバッグって必要?A4サイズも収納可能なおすすめをご紹介♪

入園式に持っていくママのバッグ。
ここでは、その中でもサブバッグについてお伝えしています!

入園式には、サブバッグは必要なのか?
持っていくとしたらどんなものがいいのか?
ぜひ、参考にしていただけたらと思います^^

スポンサードリンク
  

入園式にサブバッグって必要??

サブバッグについては絶対に必須なものではありません

しかし、入園式には何かと持ち物が多かったり、持ち帰るものがあったりと荷物が増えるのも確かです!
入園のお祝いに粗品が配られたり、プリントなどの書類が渡されたりします。

よって必然的に、入園式のバッグの選択肢としては

  • 小さめバッグ+サブバッグ
  • 大きめトートバッグ(+サブバッグ)

となります。

入園式でのバッグについて気になる方はこちらの記事にも書いていますので見てくださいね。



自分の必需品しか入らないような小さめのバッグがメインの方は、サブバッグは持参したほうがいいでしょう!
その中に、必需品以外の持ち物
・スリッパ
・ビデオカメラ
・ちょっとした子供用品
などを入れて行くといいですね^^

その他、筆記用具やクリアファイルがあると便利です。
先生の説明をメモしたり、配られるプリントがバラバラになるのを防げます!

メインバッグがトートバッグやボストンタイプなら、無理にサブを持っていく必要はありません。
しかし、心配なようでしたら念のため折りたたみのサブバッグを持っておくのもいいかと思いますよ!

スポンサードリンク

入園式におすすめのサブバッグをご紹介!

サブバッグに使用するものは、基本的になんでも構いません。
紙袋やエコバッグ、フォーマルサブバッグなどですね^^

柄や文字に注意して、なるべく無地のものを選ぶといいかと思います。


今後も子供の行事は続いていくことを考えると、一つしっかりとしたフォーマルなサブバッグがあってもいいでしょう。
フォーマルなものは入園式以外の冠婚葬祭にも使用可能です!

では早速、A4サイズが収まる大きさのフォーマルサブバッグについていくつかご紹介していきますね♪


【上品なコードブレードが付いたサブバッグ】

横ウネの入った高級感のある生地に、コードブレードが付き華やかな印象を与えます!
●サイズ●
縦:約33cm
横:約26cm
マチ:約9cm

ファスナー付き内ポケットも大きくて使いやすくなっています。


【サテンリボンが可愛いサブバッグ】

光沢のある高級サテン生地を使用!
マグネットタイプで開け閉め楽々♪

●サイズ●
持ち手:約16cm
横:約31cm
縦:約35cm
マチ:約7cm

中央のリボンがアクセントで可愛らしいですね!
開閉部分はマグネットタイプで、開閉もラクで使いやすいです。

携帯やデジカメを収納できるポケットが二つ付いています!


【チェックリボンの横型サブバッグ】

人気のアーガイル柄の生地を横型Lサイズにしたサブバッグが登場!
A4ファイルやスリッパ2足が余裕で入る入園式には安心の1点です。

●サイズ●
縦:約32cm
横:約41cm
マチ:約10cm

マチもあるので荷物がかさばるとき重宝します。
・ファスナー付内ポケット×1
・オープンタイプの内ポケット×1
と中の収納もしっかりとついているのがうれしいですね^^


【パール&シフォン付きサテンサブバッグ】

上質のサテン地にふんわりシフォンが上品なサブバッグです!
パール&レースのラインがしつこすぎず、シンプルなデザイン。

●サイズ●
持ち手:16cm
縦:32cm
横:31cm
マチ:9cm


【HAMANOのフォーマルサブバッグ】

ママに人気の「濱野皮革工芸」さんのフォーマルサブバッグ。
バラの模様のレースをあしらったサテン地を使い、上品に仕上げられています。

サブバッグといえど、手を抜きたくない!という方にはオススメの1点(^^)/

●サイズ●
縦:25cm
横:33cm
マチ:6.5cm

地味になりすぎず上品に、そして控え目な華やかさが特徴的。
冠婚葬祭はもちろん、全ての行事に使用可能な高級フォーマルサブバッグです!

まとめ

入園式にサブバッグは必須ではありません。
しかし、何かと荷物が増える入園式では、サブバッグはあると便利なアイテムなこと間違いなしです!

フォーマルサブバッグは一つあると、これから先も様々な行事に重宝してくれることでしょう^^
そこまで高い商品ではないので、この機会に一つ購入しておくのもいいかもしれませんね♪

入園式の記事をこちらに、まとめました!
ご一緒にご覧くださいね。

スポンサードリンク
主婦の育児奮闘記配信中!
気軽に登録してくださいね♪ えりんこメルマガ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする