なまえずかんってどうなの?!1歳半の我が子の反応【体験談あり】

1歳半の我が子に購入した「なまえずかん」について色々お伝えしていこうと思います!

現在2歳になりますが、今でもとても楽しく遊んでくれているオススメの1冊です^^
では早速、いい点・悪い点をピックアップしていきながら「なまえずかん」をご紹介していきます(^^)/

スポンサードリンク
  

「なまえずかん」とは??

その名の通り、モノの名前がたくさん載っている図鑑です!
全50ページの分厚い本で、重さは約350g|д゚)

このずかんには、付属でタッチペンが付いています。
このペンで本の中にあるマークをタッチすることで、ペンについているスピーカーから音が出る(名前を言ってくれる)仕組みです^^

物の名前とは

  • 食べ物
  • 乗り物
  • 虫や植物
  • 楽器
  • 身体の部位
  • 町(学校・銀行・信号機などなど)
  • あいさつ

などたくさんあり、これはほんの一部です。

物の名前の他にも、動物の鳴き声楽器の音色自然の音(波や雷など)も収録されています^^

「タッチペンマーク」をタッチすればモノの名前、「♪マーク」をタッチすれば音が鳴ります!

2歳になった我が子でも、この違いを理解しているらしく、最近では「♪マーク」一筋で、音を鳴らすのがブームのようです(笑)

その他の機能としては、日本語・英語・クイズというモードに切り替えが可能です。

クイズモードでは
「mouseはどれかな~?」
「monkeyはどれかな~?」

という具合の質問です。

英語やクイズは、大きくなった子供の勉強に使えそうですね!


0~6歳に対応です。

  • 0歳
    絵を見て絵本として楽しむ
    ママが、鳴き声をタッチして聞かせる
  • 1歳~3歳
    ペンに興味を持ちはじめ、自分で握りタッチする
    発音を聞いて名前を覚え始める
  • 4~6歳
    日本語に慣れたら、英語・クイズなどレベルアップして楽しむ

と、段階ごとに長く使用できる1冊となっています。

「なまえずかん」を実際に使った感想

では、実際に使ってみて良い点・いまいちな点をお伝えしていこうと思います!

なまえずかんの良い点は?

  • 一つ一つの絵が大きく見やすい
    目で見て(絵)、耳で聞く(名前)ということが同時に行えるので、子どもも吸収しやすいと思います!
    実際、「~~(モノの名前)どれ?」や「コレ(絵を指さして)何?」という2パターンの問いかけ遊びが出来ます^^
  • タッチペンがいい刺激になる
    タッチするマークが結構小さめなのですが、これが意外と良くて子供は真剣になってその小さなマーク目がけてタッチしています!
    その時はかなり集中しているので、これも発達に良さそうですよね!
  • 発音練習
    まだ言葉が出ない頃は、音が出るのが楽しくて、ペンでタッチするだけです。
    それが徐々に子供が話すようになってくると、言葉をリピートするようになります。

    自分でタッチしてはリピート。もしくはママがタッチして同じようにリピート!
    この時、発音の仕方も同時に学んでいます。

    これに関しては英語版も同じで、発音練習には最適です!
    英語は私が練習したいくらいですね・・(笑)

  • ページのめくりやすさ
    子供が自分で本を扱うようになってくると、勝手にペラペラめくりますよね?
    その時に大切なのは厚紙でめくりやすく、開いておけることです。

    これは1ページ1ページしっかりと開いたままにしておくことが出来るので、子どもにも扱いやすい作りになっています。

  • 付属のポスター
    図鑑とは別に、付属でポスター状になったものが入っています。
    これはA~Zのアルファベットとその頭文字を使ったモノの名前が収録されています。

    図鑑は重くて持ち運びには向きません。
    ですがこのポスターは折りたためば持ち運びも楽ちん!
    我が家では、旅行の際の子供の遊び道具として持っていきました^^
    ABCの歌も歌うようになりましたよ♪


※ポスター使いすぎてボロボロです(笑)

なまえずかんの悪い点は?

  • 本が重い
    図鑑なので、仕方がないことかと思いますが、子どもには重めです。
    持ち運びには向きません。

    床に置いておく時には心配いりませんが、自分で持つようになると、足に落とさないかヒヤヒヤしてしまいます^^;

  • ペンの収納場所がない
    ペンと本は一体化されていません。
    ですので、しっかりと管理しないと「あれ??ペンどこ行った?!」となります。
    本体に収納スペースがあったり、紐でつながっていたりすれば尚いいな~と感じているところです。

と、実際使って感じているポイントを挙げてみました^^


良い点・悪い点それぞれありますが、何より子どもが興味を持って遊びながら言葉を吸収している様子が本当によかったと思っています♪
下の子が産まれたらその時も一緒に遊びたい1冊です!

値段は約4000円と子供の本にしてはお高め|д゚)

私が勝手に購入したため、主人にも「高っ!!」と言われました(笑)
ですが、子供が楽しそうなのと今ではそんな主人も一緒に遊んでくれているので良しです^^

まとめ

たくさんの名前を覚えることの出来る「なまえずかん」をご紹介しました!
この図鑑には、子どもの刺激になる要素がたくさん詰まっています^^

子供の成長過程に沿って、ママやパパも一緒に遊びながら勉強していくことの出来る1冊だと思います!

お子様によって本に対する興味の持ち方は異なるかと思いますが、兄弟同士でも長く使えるモノになるはずです(^^)/
我が家では1歳半で購入しましたが、お子様へ・お孫さんへ・友人のお子様への1歳のお誕生日プレゼントにも良いと思いますよ♪

スポンサードリンク
主婦の育児奮闘記配信中!
気軽に登録してくださいね♪ えりんこメルマガ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする