年賀状を出してない人から来た場合の例文!返事も兼ねた寒中見舞いの文例は?

年賀状を出してない人から年賀状が届くことって意外とありますよね!
結婚式を挙げた年とかだと、御礼も兼ねて送ってくれたりとか^^

そんな時の年賀状の返事は、どのように対応したらいいのか?
実はコレ、お返事の時期によって内容も変わってくるんです!

時期別の対応の仕方についてはコチラも参考にしてくださいね↓↓

ここでは、年賀状を出していない方から届いた場合に
・年賀状として返信する場合
・寒中見舞いとして返信する場合
についての文例をご紹介します^^

スポンサードリンク
  

年賀状を出してない人から来た場合の文例

  • 松の内の間(元旦~1月7日)であれば、年賀状として
  • 松の内以降(1月8日~)であれば、寒中見舞いとして

出します!
詳しくはこちらを見てくださいね↓

松の内の間に年賀状として返信する場合

年賀状として返信する場合は、頂いた年賀状に対するお礼は書かないことがマナーだと言われています。
自分は年賀状を出していなかったという事を伝えることであり、相手に対して失礼に当たるためです。

ですので、基本的には通常の年賀状と同じ文面でOKです。
その際の注意点は「日付」です。
元旦は過ぎてしまっているので、日付の部分は「平成○○年 元旦」ではなく「平成○○年一月」と記載しましょう!


ですが個人的な意見としては、どのみち元旦には届かず遅れてしまっていることに変わりはないので、普通の文面で送る方が失礼なのでは?と思います。

一言お詫びの言葉や、お礼の言葉を入れたほうが相手にもいいんじゃないかな~と^^;
元旦~2日位であれば、特に必要ないかと思いますが、それ以降なら一言添えてもいいと思っています。

という事で、松の内の間であれば通常の年賀状の文面でもOKなのですが、お詫びも一言添えたいな~という場合の文例をご紹介しますね^^

【例文1】
新年おめでとうございます。
ご丁寧な年賀状をありがとうございました。
新年のご挨拶が遅れましたこと深くお詫び申し上げます。
まだまだ寒い日が続きますので、どうかお体を大切になさって下さい。
今年も宜しくお願い申し上げます。
平成〇〇年一月

【例文2】
謹んで新年のお慶びを申し上げます。
ご丁寧な賀状をを頂きながらご挨拶が遅れ、誠に申し訳ございません。
昨年はいろいろとお世話になりありがとうございました。
今後ともよろしくご指導のほどお願いいたします
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
平成〇〇年一月

【例文3】
明けましておめでとうございます。
年賀状ありがとう!
年末年始とバタバタしていて挨拶が遅れてしまいました。
結婚式では素敵な2人の姿が見れてとても嬉しかったです。
今年も2人にとって素晴らしい1年になりますように。
平成〇〇年一月

そして、手書きで一言添えるといいですね!

年賀状の返事を寒中見舞いで送る際の文例

では続いて、松の内を過ぎ年賀状はもう遅い!という場合です。

寒中見舞いとは、本来「寒い時期に相手を気遣う便り」です。
文章の主な構成は

  1. 寒中見舞いの挨拶
  2. 時候の挨拶(相手を気遣う言葉)
  3. 近況報告
  4. 相手の体調を気づかう言葉(結びの言葉)
  5. 日付

です。
ここに、年賀状の返事も兼ねる場合は、時候の挨拶の後に「年賀状を頂いたことに対する言葉」を入れます。

【例文1】
寒中お見舞い申し上げます
寒さ厳しい今日このごろ、変わらずお過ごしでしょうか。
早々にご丁寧なご挨拶を頂きながらご挨拶が遅れ、大変失礼致しました。
おかげさまで私どもは元気に過ごしております。
まだまだ寒さが続きますが、くれぐれもご自愛ください。
平成◯◯年一月

【文例2】
寒中お見舞い申し上げます
皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしとのこと 心よりお喜び申し上げます。
新春のご祝詞を頂きながらご挨拶が遅れてしまい誠に申し訳ございません。
おかげさまで家族一同 元気に暮らしております。
寒い日が続きますが、どうぞお体を大切にお過ごしください。
平成◯◯年一月

【文例3】
寒中見舞い申し上げます。
この度はご丁寧な年賀状を頂きましてありがとうございました。
新年のご挨拶が遅くなり申し訳ございません。
本年も変わらぬお付き合いをお願い申し上げますと共に
皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
平成◯◯年一月



最後には日付を書きますが
・○○年一月○日
・○○年一月
のどちらでも構いません^^

年賀状での返事と同じく、こちらも一言添えて送る方が相手にも喜んでいただけると思います!

スポンサードリンク

年賀状の返事で一言添えるならどんな言葉?

印刷だけのものよりも手書きで一言添えてあった方が嬉しいですよね!
結構、手書きのメッセージしか読んでないこともありますし^^;

会社関係であれば、感謝の言葉や今後の抱負を具体的に伝えるのが◎
友人であれば、再開を伝える言葉などがいいでしょう^^

友人に向けての一言メッセージ

ママ友や学生時代の友人、同僚などには

  • またうちの○○とも遊んでね!
  • 今年もまたみんなで集まろう!
  • 仕事もプライベートも充実した1年にしようね!
  • 今年もいい年になりますように!

年賀状に対してのコメントを書いてもいいと思います!

  • 出産おめでとう!今度会いに行くね。
  • 結婚式とっても素敵だったよ~アルバム見せてね!
  • 新居での生活はどう?今度遊びに行かせてね。

など。

目上の方に対して

先輩、上司、親戚などには

  • いつも相談に乗ってくださりありがとうございます。
  • 今年はさらに成長できるよう頑張りますのでよろしくお願いします。
  • 今後も精進してまいりますので、よろしくお願いいたします。
  • また家族みんなで会いに行きますね!

などなど。

このようにその相手を思った一言を添えてあげた方が、印刷されたものだけよりも嬉しいと思いますよ♪

年賀状を出してない人から来た場合の例文!返事も兼ねた寒中見舞いの文例紹介!まとめ

いかがでしたでしょうか??
年賀状を頂いたら、なるべく早く返信しましょう!
とは言ってもお正月はあれこれ忙しい時期です。
年賀状の時期が過ぎてしまっても、慌てずに寒中見舞いとして「年賀状ありがとうございます!」の気持ちを伝えましょう^^

そして、その相手ならではの一言を手書きで添えるとより良いと思います!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする