子連れ結婚式での挙式の流れは?事前に決めておくといいポイント!

ここでは、子連れ結婚式を行う際の挙式の流れをお伝えしています。


自分の周りで、子連れ結婚式を挙げてる方がいないとなんだか不安ですよね?

でもなんとか成功させたい!と思っているはず!


子どもが一緒の結婚式は事前の準備が本当に大切です。

私たちがファミリーウエディングを行った挙式での流れになりますが、一つの例として参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク
  

挙式の時間、式のスタイルは?

挙式自体の時間は約15分です。

そうです(笑)
たったの15分なんです!|д゚)


その後、式場によって流れが変わってくるかと思いますが、私たちの場合は
・フラワーシャワー
・ブーケトス
・全体集合写真
(こちらも約15分)
を行い、披露宴へと向かう形でした。


式のスタイルは、神前式・キリスト教式・人前式と様々ですが、私たちは人前式で行いました。

理由は、子どもが一緒のため人前式の自由度が高いスタイルに惹かれたからです^^


実際、和やかな雰囲気で進行することが出来たので、このスタイルでよかったと思っています。

途中子供の演出を加えたりするなら、この人前式にすることおすすめします!

子連れ結婚式での挙式の流れは?

  • 列席者入場
    子ども(以下、チビちゃん)は、新郎母とともに着席。
  • 開式の辞
  • 新郎入場
  • ベールダウン
  • 新婦入場
    父のエスコートで。
  • 誓いの言葉
  • wedding18

  • 指輪の交換
    新郎母に付き添ってもらい、チビちゃんがよちよち歩きでのリングガール。(当時1歳)
    届けた後は、再び新郎母と席へ。
  • 160228-0105

  • ファミリーキス
    新郎が新婦のベールをあげ、その後チビちゃんを迎えに行き、両側からほっぺにチューです^^
    この先は、新郎がずっと抱っこ。
  • wedding12

  • 指輪披露
  • 結婚証明書署名・披露
    署名する際は、お互いに子供を抱っこし合う。
  • wedding16

  • 賛同の確認
    列席者の皆さまに賛同の確認として拍手をいただく。
  • 閉式の辞
  • 新郎新婦退場
    チビちゃんとともに。
  • 160228-0187

  • 列席者退場

新郎新婦は別室へ移動し、その後、フラワーシャワー!

という流れでした。

スポンサードリンク

子連れ結婚式の挙式で事前に考えておくべきこと

子どもとの演出

まず、子どもが参加するものを決めましょう!
なくてももちろんOKです^^


せっかくのファミリーウエディングだし、どうせなら何か一緒にやりたい!と考えている方も多いはず!

そんな時は、事前に2人で話し合い「これやってみたいな~」と思うものをピックアップして、ぜひプランナーさんに相談してみましょう^^

いいアドバイスを頂けたり、一緒にどう盛り込むか考えてくれたりするので。


私たちは
・リングガール
・ファミリーキス

の2つにしました!


その他にも、
・入場から家族みんなで一緒に登場!
・フラワーガールやベールガール(ボーイ)
・結婚証明書に子供の手形を!

など、挙式中だけでもいろいろなアイデアがあります^^
もちろんオリジナルで考えるのもアリですよ♪


しかし、あれもこれも詰め込んでは子どもも疲れてしまいますので1~2つに厳選するのがよいかな?と思います!

披露宴でも、子どもとの演出を考えると思うのでそちらとのバランスを考えながら、多くなりすぎないようにしましょう。

子どもの成長具合に合わせたものを選び、無理のないようにしてあげてください。

子どもを誰にお願いするか

これも非常に重要になりますので、事前に「誰にお願いするか?」を話しあっておきましょう。


私は、父とバージンロードを歩きたかったという気持ちもあったので、入場は子どもはなしで行いました。

新婦の母にはベールダウン、父にはバージンロードを歩くという大役があり、子どもを任せられる状況ではないため、新郎母にお願いしました。

披露宴中は新婦母&姉に子どものお世話を頼むつもりでいたので、挙式中は新郎母に頼み、両家の(子どもをお願いする)バランスが取れるようにしました^^;

ありがたいことに、親たちはみんなチビちゃんを可愛がってくれていて、どちらかの家だけにお世話を頼むというのもどうなのか?と思いましたので。


チビちゃんの出番である、リングガール・ファミリーキスまでの間は、新郎の母に任せています。

その後は、ずっと新郎が抱っこし、家族3人で式を進行させるという具合でした。

ただ、当時8キロほどでしたがかなり腕に来ていましたね(゚Д゚;)


ファミリーキス後に、再び新郎母にお願いする案もあったのですが、
・子どもを行ったり来たりさせるのが面倒
・新郎新婦の立つ場所が壇上だったために行き来が大変
という事で、抱っこの選択肢となったんですね。


ですので、挙式会場の作りや演出のタイミングなどを考慮して、出来るだけ負担の少ない方法をとるといいと思います!


子どもとしては、やっぱりパパママの抱っこが一番安心できますよね^^

抱っこの時間が長かったからか、チビちゃんも眠そうではあったけれど、ぐずったり泣くこともなく進行できました。

その点では、パパが腕をパンパンにして頑張った甲斐はあったかと思います(笑)

まとめ

「子どもが一緒ってこんな感じか~~」と、挙式の流れが少しでも分かってもらえたら嬉しいです。


やはり、誰にお願いするか?は重要ポイントになりますので、早めの段階で相談しておくといいと思います。

一緒に行う演出に関しても、必ずやらせなきゃいけないものではなく、
・子どもが泣いたら(ぐずったら)こうする
・子どもが寝てしまったらこうする
など、もしものパターンを考えておくと、当日焦らずに済みます!

子どもと一緒の挙式は、笑顔があふれほっこりするものとなるはずです^^

ぜひ、当日素敵な一日を過ごせるよう事前準備をしっかり行ってくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする