パスポートの子供の写真の撮り方は?撮影時のコツや編集方法をご紹介!

子供のパスポート申請に必要な書類の中で1番大変なのが写真です!!
赤ちゃんや幼児でも写真は必須なのですが、どうやって撮ったらいいのか・・

今回は

  • パスポート申請用の子供の写真を自宅で撮る方法
  • 撮影後の自宅での編集方法
  • その後の現像方法
などをまとめました!

実際私が試行錯誤の上、行ったものですので参考にしていただければと思います^^

スポンサードリンク
  

パスポート申請の子供の写真はどうする?

パスポート写真と言ったら

  • 簡易的に撮れる証明写真(スピード写真)
  • 写真館で証明写真を撮ってもらう

などを想像するかと思います!

が!!

小さな赤ちゃん、イヤイヤする幼児・・無理ですよね。
私は1歳半の子供を写真屋に連れて行きましたが、泣くわ、暴れるわ・・・。(;´Д`)
そして写真屋さんのスタッフさんなんだか冷たい・・。

子供の写真館ではないので仕方ないのですが(笑)

そんな時は自宅で撮影したもので申請できる んです!

子供も自宅のほうがリラックスしてくれているため、うまく撮れる可能性は高いです!
では早速詳しく見ていきましょう(^^)/

パスポートの子供の写真の撮り方を紹介!

ここからは自宅での撮影方法をお伝えしていきます^^
写真を撮る際は1人では厳しいと思いますので、家族で協力して撮ることをオススメします。

携帯・スマホでも、デジカメでも、一眼レフでもなんでも構いません。
(ちなみに私はスマホで撮影しました)

パスポートの子供の写真を撮る際の背景について

白、又は淡い色を背景にしましょう。

  • 白いシーツ(淡い色ならOK)を敷いた上に寝かせる
    まだお座りのできない赤ちゃんはこの方法がオススメ!

    注意点
    シーツがシワシワになってしまうと背景が汚くなってしまいます。
    それを防ぐために、シーツの周りをガムテープか何かで床に固定し、シワにならないよう工夫して下さい。
    パスポート用子供写真の準備1
    (もちろん、テープ部分は写真には写らないように!)

  • 白い壁の前に座らせる
    椅子に一人で座れる子はこの方法がオススメ!

    背景に椅子の背もたれが写るとNGな場合があります。
    ですので、背もたれのない椅子などに座らせて撮影してください。

  • パスポート用子供写真の準備2
    我が家の場合はこれです!

    背もたれのない椅子=クーラーボックス(笑)
    背もたれのあるものは、どうしても背景に写ってしまったので、これが一番でした^^

パスポートの写真で子供を撮影する際の影について

影があまり入らないよう、部屋の明るさを調整しましょう。

自宅では全く影が入らないように撮ることは難しいと思います。
多少の影は後で編集出来ますのでOKです。

パスポートの子供の写真を撮る際の顔の角度について

なるべく真正面を向いて目線が合うようにします。
・一人がカメラマン!
・一人が子供の気を引く!
など協力して行うとうまくいきます^^

我が家ではカメラマンの近くで気を引ける動画などを流しました(笑)
そして、目線があった瞬間に「パシャ」です!!

パスポートの写真で子供の口や表情について

口を閉じて無表情なのが一番ですが・・小さい子供の場合は多少口が開いて微笑んでいる程度であればOKとされる場合も多いです。

  • 口を大きく開けて笑う
  • 指しゃぶりをする
  • 泣いて顔が崩れている
などの場合は申請できないので、なるべく「口を閉じて無表情」に近づけられるよう頑張りましょう!

パスポートの写真を撮る際の子供の服装について

服装に特に指定はありません

ただ、背景と同じ色(白い壁で白い服など)だと同化してしまう場合がありますので、背景とは異なる色を着せたほうがいいと思います!

話はそれますが、私の父は見事にキレイな白髪で・・
背景色を「白」にしてしまったがために、完全に頭と背景が同化してしまいました!!(爆)

そうならないよう、子どもの服にも注意してあげてくださいね(*ノωノ)


以上が撮り方のポイントや注意点となります!

出来上がった我が子の写真はコレ。
パスポート用の子供の写真
影は多少入っているけれど、照明器具などがない中での撮影には限度があります!(+o+)

こんな写真でも編集でなんとかカバーできますのでご安心を^^


自宅では、何度か取り直すことが出来るし、もし今日がだめでもまた子供の機嫌がいいときにやり直せます^^

それが自宅撮影のいいところですね!
いいものを何枚かピックアップしておきましょう(^^)/

スポンサードリンク

パスポートの子供の写真を自宅で編集しよう!

ここからは編集作業に入ります!
とっても簡単なのでぜひやってみてくださいね♪

編集方法

主な流れは

  1. 自宅のパソコンに写真を取り込む
  2. 無料編集ソフトをダウンロード
  3. 写真をソフトに取り込み編集する

の3ステップです!


パスポート用の写真には細かいサイズ指定がありますよね。

  • 縦45ミリメートル×横35ミリメートル(ふちなし)
  • 顔の縦の長さは34±2ミリメートルであること
など|д゚)
これを今撮影した写真でサイズ調整するのはとても難しいです。

そんな時に便利なのが証明写真用のフリーソフト

種類はたくさんありますのでぜひ調べて見てください^^
ちなみに私が使用したソフトは「ニコニコソフト」ですので、こちらのソフトの解説をしますね!


ダウンロードすると・・
・履歴書用
・パスポート用
などが選択できるようになっています!

そこでパスポート用を選択し、先ほどの写真を取り込みます。
すると、ソフトがあっという間に規格サイズ通りに編集をしてくれます!

これで編集作業は完了です。
えっ!早ッ!!|д゚)って感じです(笑)


注意点としては、編集画面で、明るさの調節などは行わないでください
ソフトで行うのは、あくまで規格サイズにしてもらう事が目的です!

ここで、明るさの調整をいじってしまうと、現像したときに色が不自然な仕上がりになってしまいます。
多少暗いな~と感じていても、現像の際に明るさの調整が行えますので、ここではそのままでOKです。

現像方法

主な流れは

  1. 編集済みの写真をUSBへうつす
  2. 写真屋で明るさを調整し直す
  3. 現像する

の3ステップ!

出来た写真をUSBか何かに写して、写真屋さんで現像します!

写真屋さんの店頭には、写真を自分で編集したり選んだりできる機械がありますよね?
1枚30円でその場で現像できるスピード機械です。
私は今回それを利用しました!

編集画面で画像の明るさを調整して現像すれば出来上がりです^^
ここでやっと明るさの調整です!


そのスピード機械ではなく、店内にはパソコンのようなタッチパネル式の機械もあるかと思います。
しっかりと写真屋で現像してもらいたい場合は、そちらの機械を利用し、同じく編集画面で明るさの調整を行ってから現像をお願いすればOKです!

ここで明るさを調整することで、背景に映り込んだ影や壁のボコボコした材質などを見えにくくしてくれますよ^^
面倒ですが、このひと手間大事です(笑)

~現像前~
パスポート用子供の写真1
~現像後~
パスポート用子供の写真2
分かりづらいかもしれませんが、前の写真と比べると全体的に明るくなり、背景などのデコボコは目立たなくなりました^^

パスポートの子供の写真の撮り方は?撮影時のコツや編集方法をご紹介!のまとめ

写真屋さんで撮影できるのが1番なのですが、やはり年齢的に厳しい場合もありますよね。
そんなときは自宅での撮影にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

撮影は確かに大変ではありますが、きっと子供のパスポートを見るたびにいい思い出として残ってくれるはずです(*ノωノ)

今回は私の体験談も含めてまとめてみました。
この記事がお役に立てれば嬉しいです!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする